起き上がり




2Aで暴れる (リスク:中 リターン:大)

結構効果的。相手の重ねが甘いとか、投げようとしていたとかだとエリアルまで持っていけます。
あの憎い貧乳ツンデレの中段を始め、全般的に中段攻撃にも威力を発揮します。わーい。
もともとメルティは無敵時間等の関係で、起き上がる側が有利な設定なのです。

2Aには受け止め判定があるので、相手の攻撃とガチった場合でも勝てる事がありますー。



バクステ (リスク:小 リターン:中)

なかなか安全です。
完全に読まれていた場合投げられたりしますが、相手にとってバクステを読んで投げる行為はハイリスク、ローリターンな行動です。

バクステで何か相手の攻撃をかわした場合は2Cからおいしくいただけます。



A閃走・六魚 (リスク:大 リターン:中)

ダウンしない攻撃と相打ちを取れればエリアルに持っていけます。
光らないので相手はとっさに反応しにくいのか、A六魚を起き上がりに使う人が少ないためなのか(?)たまにガードされても見逃してくれる事もあったりします(笑)



EX閃走・六魚 (リスク:大 リターン:中)

無敵があるのである程度信頼できます。ただ、ぶっ放しなのでガードされた場合は腹を決めましょう。決まった場合は起き攻めできます。
普段はガードしておき、起き上がりはガードする奴だと思わせておいて、ここぞ!という時に派手にぶっ放してやりましょう。
まあ、個人的にはAのほうがお勧めですけどー。



ガード (リスク:中 リターン:小)

ワンパターンにならないため、ということでたまには大人しくしてもいいかもしれませんね。
もしくは無敵技(EX六魚・アークドライブ)を活かすための布石として。
ガードで正解な場面は、相手がこちらの2Aをシールドするためにシールドしてきた場合。フルコン入れてあげましょう。

もちろん、投げられたり、といった事も否定できませんがそれは読み負けた、ということで諦めましょう。



EXシールド (リスク:中 リターン:中)

ぶっぱなし六魚よりかはいいかなぁ?って程度ですねー。
外すと冷静な相手ならフルコンもらってしまうし、EXシールドを成立させて2Aから反撃、は結構慣れるまでは難しいです。
まあ、一回シールドから反撃しておくと起き攻めしにくい…って印象を与えられる…かもしれません。


inserted by FC2 system